20141203

HOME PAGE

ホームページができました!



いま出来ていることと、これからしていきたいことがまだしっかりと形にできていないため
シンプルに作りました。

改善の余地は多分にあるのだと思いますが
こうしてようやくみなさんに見ていただけるようになりました。


作品としてちゃんと撮ったものがあまりにも無いため
これまで携帯で撮りためてきた画像ばかりであまりにも洗練されていませんが…
これが今のfemflikkaです!



ホームページ制作にあたり
イメージをうまく伝えられなかったり、ハイテクに弱いためにとまどったりな私の
こまごまとしたわがままを聞いて、こうして完成させてくださったS様に心から感謝 致します。




より良いものにしていけるよう、より良いもの作りに邁進してまいります。




ひとまずこの師走のクリスマスを乗り越えて
1月はもうすでに VALENTINE の始まりです!というかもういろいろ始まっていますが!




今度のバレンタインはより多くの方に手に取っていただけそうです^^


お楽しみに!

20141123

madame FIGARO japon

こんにちは

今月20日発売の《madame FIGARO japon》 1月号
家パーティは、フレンチかわいく。 

というなんとも素敵かわいすぎる企画内の
オーダーケーキアドレスとして紹介いただきました!!!





(嬉しいので特大画像表示)



撮影の際には、素敵だなぁと以前からインスタなどで観ていたお花のハナイケシさんや、
以前に発売されたデザインスイーツ2014でご縁のあった武蔵小山のドゥボンクーフゥさんにもお会い出来て、嬉しさとともに、
私自身まだまだ本当素人だなぁと自分を見つめ直せた大切な日となりました。


でも、でも、
定番になっているアイシングクッキーたっぷりのショートケーキではなく
私自身がこういうことをしたい!という想いをいつも担ってくれる
サントノレを掲載できたことが本当に嬉しいです。。。涙
(このガリっとしそうな香ばしい色のシューをひとくちほおばると、
ラベンダーがふんわりと、しかし確かに感じられる濃厚なクレーム
上掛けされたのはフランボワーズ風味のガナッシュ
全体には軽い口当たりのクレームサントノレ
底はほろほろサクサクとしたシュクレ
ああ食べたい…)





マセて育った小さなころからFIGARO誌がずっと好きで(ファッション誌だけどファッションとは人生だ!といっているようにおもうから生活のさまざまに楽しい)

そんな特別に好きな憧れの雑誌に、ショップとしての掲載デビューが出来たのです。
(そりゃあもう発売当日は恋人とささやかにお祝いして両親にプレゼントしました笑)




ほんとうに、まだまだ小さいfemflikkaだけど
来年1月からはオーダー意外にもいろいろと初めていこうと 考えております。


紆余曲折なかなか出来なかったホームページも(4年前からつくろうとしてた…)
お陰様でようやくオープンします(12月予定)!
作品自体が少なく、写真もまともに撮れず、
これまでのいろいろをどうにかおさめているのでシンプルですが、
多くの方により伝わり易くなればと 幸いです。







今年も残すところあとすこし
大切に日々の幸福に励んでまいりましょう!







20141020

ぶらり旅

ちょっと久しぶりです


先月末、ひさしぶりに旅をしました
ロンドンと香港に行ったのですが、ロンドンは7年前に数ヶ月ただただ気侭に過ごしたところ
香港は中学生のときはじめての海外旅行先だった&今は兄が住んでいるためいつのまにか海外最多滞在先です。


ひさしぶりの旅先としてはとても良かったです
7年前に訪れたときは、まだお菓子を作るようになるとは思ってもなかった(趣味ではよく作ってたけど)し、なにがしたいのか  いわゆる自分探し的なかんじだったのかな。
自分探しってなんかかっこわるい言葉だけど、それくらいかっこわるいときだって人生にはありますよ。



でも 旅の目的はいつも変わらないな
その土地での《生活》を知りたい 感じたい 過ごしたい 馴れたい
というところかな。


そこで暮らす人々が 年齢性別出身さまざまではあるけれど
そこをベースに暮らしているひとたちの当たり前や特別は、日本の東京に生まれ育ち暮らしている私にどう違うのか、どこが近しいか 同じか。

きっと目に見えるものや食べる味や聞こえる音は違えど、
人が生きる根本は同じだよなぁとか改めて感じたり

このひとつひとつの窓のなかにさまざまな人生が存在しているのだと感じることが好き





ま、そんなこんなで キッチン付きのアパートを借りて普段日本では手に入りづらい食材を調理して楽しんでいました



旬のポルタベラとラディッシュ、アーティチョークがとくにおいしかったな
(写真はぜんぜんそれらはいってない朝食ですけど…)
香草やクセの強い食べ物がとくに好きなので、ほんとうにあの濃くつまった野菜や果物には感動してしまいます。








友人にも再会できてすごく楽しい1日を過ごせたり

ひたすら好きな公園と美術館を歩きわたって感じるままにノートに記して
これがいちばんすきなこと。














お菓子はもちろん食べました 見つけては食べて
すっかりあのイギリス菓子的粉モノにハマってしまった

そもそもフランス菓子にしか興味を持っていなかったなと気付き今回ロンドン行きを決意したのです。




おかげさまで帰国してからのケータリングでは
フランス的 ルリジューズプロヴァンサルとケイクショコラフランボワーズ
イギリス的 キャロットケーキとヴィクトリアサンドケーキ
というかんじでした



(なんと先日iPhoneが突如故障したため写真が全然ありません、、、)

相変わらず脈絡も途方もなくなってしまうので
ひとまずこのあたりで、、

20140824

滋味SOUP


すきな食べ物はなに?
と聞かれたら
いろいろあるけど
(シュークリームとかエンガワのお寿司とか、
フレジェとかボタン海老のお寿司とか、
カスレとかフリカッセとか、
エルメのマカロンとかハンバーガーダイナーのサンドイッチとか、
お菓子とお寿司とパンとフレンチてことなんだけど。)




そんなこんなだけど
結局どんなに心身弱っていても心に沁み入るおいしいものは

苦味豊富なお野菜


アシタバのグンとくる苦味
スイスチャードとビーツの土の香り
オクラは優しいわね


葉物は屋上で育ったもの。




最近はもっぱらこんなものをちょろっとしか食べていないので(悲しいくらいお菓子は別腹)

お昼は試食でお菓子のかけらをちょこちょこと

夜は木綿豆腐に自家製梅醤油と、トマトのナムル

夏バテですね完全に
だいぶおなかがすっきり いいのかわるいのか




そしていまのうちに腹筋をつけようと奮闘
(筋肉無さ過ぎなんです)

PAMEO POSE

もう出会って10年近いのかな?

PELIのブランド 

【 PAMEO POSE 】

2014 AUTUMNより展示会でのお菓子を担当させていただいております。

前回はこちら↓



今回は2014 WINTER
もうだいだいだいすきなクリスマス一色で
とっても幸福感MAXな展示会でした!




ペリ含めいつものメンバー
会うとほんとホッとする

ペリ


いつもありがとう!

素敵なクリエーションにいつも刺激いただいてます!
(毎回お届け後はお買い物…)








20140815

ふわふわとろーりのしあわせ


さいきん
お菓子に求めるものが変化してきています



これまでは
ギュっと詰まったものというか
単なるフランスかぶれ ヨーロッパーかぶれな私は
あの国の 香り豊かなギュッとしたお菓子に魅了されていて
そんな本場フランス菓子 なお菓子を作りたくて作っていたし
食べたくて食べ歩いたし


それだけわたしの男性的強さが余計にもっともっとと欲を出していた


が、最近
いろいろとありまして
だいぶ疲れていることや
ひとりではない ということで

安心を求め始めているのだろうか?




前までは、未知の体験を積み重ねて
それ取り入れ、身にして

でしたが
内にあるもっともっと 根底の部分
芯を強く、豊かにしたいなと。






お友達の子のお誕生日会で出会ったご家族が、
そのご家族のお子さんの誕生日ケーキをご依頼くださって
いつもならいろいろと手を加え複雑なものを作っていたけれど(大人には人気なんです)

とてもシンプルに
ふわんふわんのチョコレートシフォンに
中にとろーりガナッシュを流して
たっぷりシャンティ絞って
アイシングクッキー飾って



こんなふうになりました





あまったカップケーキを
大切なひとと一緒に食べたら

あぁ
しあわせになるお菓子だ


って感じたんです。



丁寧にシンプルにおいしいものって
思わず笑みがこぼれてしまうんです


そういうお菓子が作れたことに
とっても胸が熱くなりました


複雑な楽しさもあるけど

わたしはもっと手間ひまかけないといけない
それだけがんばらないと私のお菓子の価値は生まれない
とさえ思っていたから


もっとシンプルでいいんだな
と安心した



どれも がんばる

努力あるのみ






20140812

SCONE




あまりにおいしいスコーンに出会ってしまい
いろんなお店、あると頼んじゃう。



前まで、そんなに興味がなかったのは
おいしいなぁー
と心から感じるスコーンに出会ってなかったからなんだなぁ




そしてこんなにスコーン好きになったのは
おととい食べた
SUNDAY BAKE SHOPのスコーン

おいしすぎてびっくりしてしまった
そしてあっという間にたいらげてしまった





スコーンはほんと いくらだって種類があるけど
そのままひとつ食べきることってまず無くて

だからこそこのかんじが一番すき!っていうスコーンに出会ったことが
とってもうれしいなぁ



私が一般的だと考えるスコーンは
割ってたべようとするとゴゾっとくだけるような
そして食べると徐々に徐々に、そして確実に口内の水分を奪い尽くすような
ほんのり甘く小麦の風味豊かながら
きづけばペーストのような状態で内のなかに残るような

もちろんおいしいミルクティやコンフィチュールにクリームと一緒なら素敵


だけど、そのまま完成されつつも決して強い主張は無い穏やかな木漏れ日のようなスコーンが
食べたかったのかもしれない!
と思わせるほどおいしかった SUNDAY BAKE SHOPのスコーン。





他のケーキたちも
おいしかった〜

とてもひさしぶりに
思わず笑みがこぼれてしまうお菓子に出会った


女性のお菓子を改めて感じた日でした。

20140725

rouge



クレームダマンドの
じゅんわりこっくり重たさ
ダークラムがしっかりと香るの

なめらかに炊き上げたパティシエールと
赤い果実のきゅんとする風味
ぷちぷちと種の感触



乙女心は男女共に秘めているだろうと。

20140717

いまいちど初心に だっ

ちょうど1年前
これを1000まい
やりきったなぁ


わたしは同じ繰り返しが嫌いだから、
フルオーダーでたったひとつを作るのがとても楽しかったのです
好きなことを好きな範囲でやっていたってそれはただのままごとに過ぎないから

好きなことで本気でぶつかって自分に挑戦していこう
って決意したあとは
なんでもとにかくがんばったしがんばれた

私は私とだけ戦う
って決めてたから、つまり私に勝つことは絶対にできるの
その瞬間は負けることもある
というか、負ける試合に挑まなくては意味がない

今の自分の負けを認めた瞬間から、再チャレンジができるのも自分と戦うからこそ

そして再チャレンジでは、必ず勝つ
意識も朦朧と
勝ったのか負けたのか終わったのかさえわからなくなる

けど、その私はもう
試合前の3倍には必ずなれる
もーっと何倍にもなれる試合もある。



本当は負けも勝ちもそこには未だ無い
生きてる限りが自分への挑戦の最中です





とにかく同じアイシング2枚やるのも嫌だったわたしが
1000枚やり遂げたのは
私が限界超えに超えてぼろぼろになろうがその先に必ず最高の世界がある
その先に最高の世界を自分で作ることができる
と信じていたから


ということで
すべてにおいて答えはひとつ
そして問題も等しく

自分が自分を信じ抜いたなら
不可能ゼロです

だから自分でも気付いてないほどの内の強さを信じて
崖から落とす

そして本気で這い上がる

かわいい子には旅をさせろとは
親が子にではなく、
自分が自分に課すことだと思います

だってみんな
自分がかわいくて自分を守るために他を犠牲にしがちだものね


ひとりひとりが自分自身を強くする
自他ともに傷つけてはいけない

ひとりひとりが強ければ
平和で幸福になるのは当然だな

権力なのてものは
自分が弱い人間だと認めてるだけなのにね


まぁ キリがない





さぁ
最近は作るという基本作業以外にもいろいろ忙しいのはありがたいこと
作るが根本
自分に負けずがんばろう




タルトシトロンフランボワーズ
おいしいですよ


20140701

すきなこと

パンオレを焼くのは

疲れた という気持ちで
すぐそばにいるひとへあたたかなものを届けられないとき

あたたかなきもちの物作りを思い出すように



シューを作るときは
はじめての《お菓子作り》がわたしをしあわせにしてくれる



バナナケーキは
失敗したから全部パンペルデュにしたら
とてもおいしかった


フォントってものを知ったとき
いつまでも探し求めたなぁ


わたしがおいしいと感じるものを大切にする


かわいいは
かわいいだ


かわいらしい
また違う